盛れて可愛いカラコンを研究中!どんどん発信していきます

盛れるカラコンの特徴とは?ナチュラルから派手系まで徹底解説

・そもそも「盛れる」って何?
カラコンを探している時、必ず目にする「盛れる」というワード。 カラコンにおいて「盛れる」とは、裸眼よりも瞳の魅力をさらにアップすることができる、という意味合いを持っています。 しかし魅力と一言で言っても、魅力の定義は人それぞれです。可愛らしく見せたいのか、大人びた瞳になりたいのか。メーカーはお客の好みに応じて、様々な商品を出しています。 ここでは、「盛れるカラコン」を三種類に分けて、それぞれ大まかに解説したいと思います。

1.ナチュ盛り

いわゆるナチュラル系のカラコンです。文字通り自然な印象で、瞳の美しさを引き立ててくれるカラコンです。 カラコン選びにおいて注目すべきは着色直径。ナチュラルな瞳をキープしたいのなら、着色直径が13.4mm以下の物を選びましょう。 また、フチはぼやけたカラコンがおすすめ。くっきりフチは瞳を大きく見せる効果(デカ目効果)があるからです。 色はブラック、ブラウン、ヘーゼルがナチュラル系の主流となっています。 学校やオフィスなどで使いたい、という人にもおすすめできるのがナチュラル系カラコンの特徴です。

2.派手盛り

「盛れるカラコン」として紹介されるのは、だいたいこの系統の物が多いです。 先ほど書いた「デカ目効果」をしっかりと感じたいのなら、派手系がおすすめ。 「がっつり盛れる」というワードを聞いたことがある人は多いと思いますが、着色直径を13.7mm以上にすれば「がっつり感」をしっかりと感じることができます。少しだけ瞳を大きくしたいのなら、13.6mm辺りのカラコンを選ぶと良いでしょう。 フチは細フチと太フチがありますが、フチが太ければ太いほどデカ目効果が大きく、瞳を盛ることができます。

3.ハーフ盛り

外国人っぽくなりたい、というニーズに応えて出されたのがハーフ系カラコンです。「色素薄い系」と呼ばれることもあります。 特徴としては、カラコンの色が明るい(高発色する)ことが挙げられます。グレーやブルー、グリーンなど、淡い色合いを明るく発色させることで、外国人感を演出することができます。 デザインもドットやグラデーションなど特徴的な物が多く、遠くからでも相手に目元をアピールすることが可能です。 着色直径は多岐に渡っており、大きさは裸眼そのままで、色だけを変えられるカラコンもあります。ハーフ系で大き過ぎるカラコンを選ぶと、コスプレっぽく見えることがあるので注意が必要です。

お役立ちコラム

みんなの口コミ